バリキャリ乙女のイド端会議室

主に婚活、時々しごと。華麗なるバリキャリの脳内会議の一部始終。

長期休暇の成果

年間300日スーツで過ごす女!乙女イシイドがスーツ生活に戻って参りました!!

 

長期休暇を終えて。
今年の休暇は前半~婚活、中盤~ブログ、中盤~後半闘病(ただの風邪)と見事に分かれておりました。

 

いや、一応してたのよ、婚活も。
守備?
進行形は内緒です( ̄* ̄)

 

ブログはね、皆さまお気付き?
なんとイシイド、Pro化しましたo(^-^o)(o^-^)o
あっちこっちにボタンが増えてるでしょ。

 

うん、それだけなんだけどね(´・ω・`)

 

イシイドは仕事に関してはざっくり女なんですが、自分の好きなことに関しては妙に完璧主義になったりします。
そして「完璧でないならむしろやらない」という人生ムチャクチャ損してる!人種です。

 

人生tryしてなんぼでっせ。

 

というわけで。
今までは気に入らないカスタマイズをするくらいならデフォルトでいいもん、むしろ『イド端会議室』は大人のためのシック&シンプル&ハイソサエティなブログですから、余計な飾りは要らないのよっっ!
といきがってました。
ワタシバカ、バカワタシ。

 

そもそも『はてなブログPro』がなんだか分かっていなかったものですから。
超ハードル高く考えてました。
根っからの社畜であるイシイドにはブロガー垂涎の独自ドメインとやらには全く興味が湧かず(ショゾクするって楽チンだから)、カスタマイズ(装丁)ができるだけでしょと思ってました。
そうじゃないのね。
Proにしたからといって独自ドメインにする必要はないですし、カスタマイズって飾り付けすることだけじゃないのね。
いや、もしかしたら突然誰コレ?みたいなシャレオツな画像を貼り付けたブログに変身するかもしれないけどもさ。

 

イシイドはスマホでほぼ完結しているので、スマホユーザーさんが読みやすくなったらいいなと思ってました。
今回の長期休暇で、もちろん暇だったのもあるけど、思いきってやってみた最大の理由。
イシイドがPro化してやりたかったこと。

 

 

文字、ちょっとだけ大きくしました。完。

 

 

文字をちょっとだけ大きくするために毎月1,000円支払う女。
あくまで読者ファーストを貫きますよ。

 

Proにするってことは「ブログのプロとして恥ずかしくない記事を投稿していきます」と選手宣誓することなのかと思っていました。
でもやってみると、逆なんですね。
基本的には『はてなブログPro』はブログのハード面を整備するものだけれど、ハードを整えることでソフトの意識も変わってくるようです。


楽しんでもらえてますか?
どうぞこれからもよろしくお願いします。

『かわいい』を分析してみる~完結編

まだ続くんかい、このシリーズ。
はい、続いちゃった。えへ。

 

結局風邪は治らないまま連休が終わろうとしています。

この貴重な休みを任侠マンガを読んで過ごしてしまったイシイドです。

ブログのテーマは婚活・恋愛・おもてなしです。

 

さて、ここ数日『かわいい』についてまあまあな熱量で考えてきた訳でございます。
ナニゆえの熱量かと言われれば、やっぱりイシイドも『かわいい』と言われたいわけです。


年々言われなくなるよねっ


ですから言っていただけるだけ、本当にありがたいのですが

 

中には言われたくない『かわいい』もあるよねっ

 

前にも殿方さまからの『かわいい』は中々の攻撃力を持つことをお伝えしましたけれども、だからこそ上手に使っていただきたい、お互いのためにも。

残酷なことかもしれませんが、ハッキリと申し上げます。
『かわいい』と言っていいのは同じ土俵にいる場合です。
これから恋愛に発展するかも、したいね、する方向で前向きに検討中の場合です。
まれに砂被り席くらいからなら、土俵にあげてもらえることもありますし、ごく稀に遠くの野次が届くこともありますが、国技館の外からでは無理です。

距離感を弁えましょう。
基本、お嬢様方にとっては恋愛対象になる方以外からの『かわいい』は微妙な気持ちになります。
なので、お相手さまとの距離がどのくらいなのか冷静な目でご判断いただきたいと思います。

 

 

なぜこんな事を言うかというと、やっぱり『かわいい』は『好意』なんですね。
『「好き」と言う』のとニアリーイコールなんです。
いや、もっと軽い気持ちで使ってるんだけど、という殿方さまももちろんいらっしゃいますよね。
それも間違ってません。
『かわいい』の中には『恋人同士の好き』も『友達としての好き』も『妹みたいな好き』『ペットを愛するような好き』『ファンとして好き』『父性本能からの好き』いろんな『好き』が詰まってます。
でも、勇み足な婚活女子は『恋人同士の好き』だけ抽出してしまうものなのです。

だから過剰反応の上、スキスキ暴走もしくはキモチワルイ判定となります。
そんな誤解をされたくないという殿方さまは使用上の注意をよく読んでお使いください。

 

 

そして、絶対に言っていけないのはお相手さまのコンプレックスに関わる部分です。

特に体型や傷に関わるところは本当に気を付けてください。

例えば、あなた様がぽっちゃり好きで、本気でかわいいと思っていても傷つけてしまうこともあります。

それは自分の嫌いなところだから。

いくらほめたつもりで言っていても、『そこが際立っている』と知らされてしまうことになるからです。

物語にあるようなコンプレックスまでも愛してくれてありがとう、なんて展開はラスト6分の大詰めだと心得てくだされ。

責任もって付き合うくらいの覚悟がないなら言わないこと。

少なくとも、それをコンプレックスに思っているかいないかも分からない段階では踏み込まない方が無難です。

たとえ、本人自らネタにしていても傷ついていないとは限らないからです。

 

そして逆に。
せっかく同じ土俵にいるのに、紳士過ぎて蹲踞の構えから身動き取れなくなっていませんか?
それなら、思いきって使ってみてはいかがでしょう、『かわいい』を。
お嬢様方はお相手からの好意が伝わらないと、不戦敗でも構わず土俵から降りてしまうかもしれませんよ。
キモがられてもいいじゃないですか?
まだ土俵の上じゃないんだって分かっただけでも。
そこからまた這い上がればいい。
好意は伝わってこその好意です。

 

で。

 

結局、言えばいいの?言わない方がいいの?

 

うーん、言うなら早いうちに一回だけ。
あんまりいっぱい言われると嘘くさくなるから。
もしかしたらボディーブローのように後で効いてくるかもしれないですからねぇ。

 

………しまった、舞台設定をリングにするべきだった!Σ(゜Д゜)

『かわいい』を分析してみる~男性目線編

こんばんは!いつになく更新の早い、年間300日スーツで過ごす女バリキャリイシイドです。
暇なのか?
暇ですわよ、それがなにか?

 

さて、いよいよ本丸、『かわいい』の分析の男性目線編です。
イシイド、かなりの男性脳の自負がありますが、何せ乙女だから。
どう頑張っても消せないのよね、女らしさが
というわけで、今回は完全想像記事です。
殿方さま方、「それは違う」と御意見ございましたら、よろしくご指導ご鞭撻のほど…
ま、女子はそういう誤解をしてるんだね、くらいに思ってくださればよろしいかと。
よろしく。

 

前回はまだ会ったことのない、未知なるお嬢様に対する『かわいい』だったわけですが、今回は既知、出会ってから自分に対して使われる『かわいい』について。

 

未知なるお嬢様に対する『かわいい』はほぼ100%ビジュアルに対する「かわいい」でしたが、出会ってからはそのパーセンテージはもう少し下がるように思います。
そこには女友達推しの『キャラ』が加味されるようになるからです。
我々が母性本能を持つように、殿方さまにだって父性本能というものがあります。
硬派なアイツが、娘が生まれたとたんメロメロのデロデロのマイホームパパに変身することはそう珍しいことではありませんね。
ビジュアルだけでなく関係性や内面や行動で殿方さまからの『かわいい』を引き出すことは充分可能なのです。
『キャラ』というより『反応』かしら。
その殿方さまの好みの反応があれば『かわいい』は加点されます。

 

ですが、殿方さまの『かわいい』は殿方さまのタイプによって、その使い方も種類も全然違ったものになってしまいます。

 

まず、殿方さまには口に出して「かわいい」と言える殿方さまと、言えない殿方さまがいらっしゃいます。
もっと細かく分類すると

 

①実際『かわいい』と思ってて『かわいい』と言えるタイプ
②実際『かわいい』と思ってるけど口に出して言えないタイプ
③『かわいい』と思ってはいないが『かわいい』と言えるタイプ
④『かわいい』と思ってもいないし、言う気もないタイプ

 

婚活女性が気をつけなければいけないのは『かわいい』と言えてしまうタイプの方々ですね。
口に出して言える殿方さま全てが要注意というわけではありません。
ただ婚活女性にとって、お相手の男性から繰り出される『かわいい』攻撃はとんでもない破壊力でもって状況を狂わせることがあるのは、イシイドも身をもって経験済み。

 

更に殿方さまが実際に「かわいい」を発するパターンは次の4つ。

 

a.ウソがつけない正直者
b.テクニックとして使うリップサービス
c.プライドが邪魔をして普段は言えないがここは勝負どころ読んで思いきった
d.そもそも「かわいい」という言葉を発する発想がない

 

ほぼ、①~④、a~dの組み合わせで分類できるのではないでしょうか。
あなた様の愛しい殿方さまはどのタイプでしょうか?

 

ちなみに④とdはほぼイコールですが、ここに当てはまっている殿方さまは婚活、恋愛市場ではかなり苦戦を強いられることでしょう。
思い当たる方は、人生には『今言わないでどうする』という状況に追い込まれることもあると腹をくくり、できればc最悪でもbのパターンを予習しておかれることをおすすめします。

 

殿方さま自身が『かわいい』という言葉にどれ程の重みを感じているかによって、「かわいい」と口にするハードルの高さも変わります。

 

①の殿方さまの中でも『かわいい』の感度が低い方と、『かわいい』に対してそれ相応の重みをもって対峙していらっしゃる②の殿方さまからは中々「かわいい」の一言が聞けません。
恥ずかしくて言えない、軽く思われたくなくて言えない、好きバレしたくなくて言えない。
aであれば非常に好感度が高いですし、cの状況で踏み出すことができれば、『誠実な男性』として、かなりお相手さまには刺さると思います。

 

そして要注意、①の中でも『かわいい』の感度が高い方、③の殿方さまはほぼ、bです。
彼らから繰り出される「かわいい」は

 

巷で話題の『オトコを落とす さしすせそ』
さ:さすがです!
し:知らなかった~
す:すごいですね!
せ:センスいい!
そ:そうなんですか!

 

ぐらい、リップサービスです。

 

『オンナを騙す かきくけこ』(イシイド作)
か:かわいいね
き:綺麗だね、君だけだよ
く:苦労してるね
け:結婚して
こ:今度はいつ会える?

 

ぐらい、誠意がないです。
どなたにでも言ってます。

 

イシイドは嘘やリップサービスを否定しません。
仕事の上でもです。
ただそれは「お客さまの心を守る」という意図からで、保身のためや後でバレる嘘やリップサービスは必ずクレームに発展します。
同じように、関係をこれからも(恒久的に)円滑に続けていく目的でなく繰り出される『かわいい』には疑問があります。
特にネット婚活で、交流はあるもののまだ会ったことのない状況での『かわいい』や『好き』は九分九厘bだし、仮にaだったとしたら、三十路過ぎの分別のある大人の発言とは言えないのではないでしょうか?
お嬢様方におかれましては、お相手さまの『かわいい』のハードルがどの高さなのかを見極めることが、『かわいい』に翻弄されない唯一の秘訣だと肝に銘じてくださいまし。

 

以上を踏まえた上で「でも運命の人だと思うの」で飛び込んでみるならそれもよし。
イシイドは止めたからね、一応。

 

ちなみに『人間関係がうまくいく あいうえお』(イシイド作)
あ:ありがとう
い:いいんですか?
う:うれしい♪
え:えぇーっ(嬉しそうに)
お:お願いします

 

結構何でも作れますね (^_^;)

『かわいい』を分析してみる~「紹介して」の裏側編

こんにちは!
年間300日スーツで過ごす女バリキャリイシイドです。
少し遅いお盆休みに突入いたしました。
毎度、長期休暇の度に体調をくずし寝込むイシイドは、今回は休み前から体調をくずしそれからダウン。
なんて会社に優しい人材なんだ。
純粋培養の社畜にございます。

 

さて、『かわいい』を分析中のバリキャリです( ロ_ロ)ゞ
前回、女性の『かわいい』は、その対象こそ多岐にわたるものの、種類はいたってシンプルであると結論いたしました。
そして男性編に取りかかろうと、あらゆる記憶を掘り起こそうとしたのですが男性の『かわいい』はかなりの難題のようです。
男性にとっての『かわいい』は対象こそシンプルですが、その使い方が複雑すぎて頭がグルグルしてしまいます。
ここでちょっとインターバル。
「かわいい娘紹介してよ」の裏側から考察したいと思います。

 

一般的には男性の言う『かわいい』は見た目のかわいさ、女性の言う『かわいい』は中身を含めて、と言われますよね。

「かわいい娘紹介してよ」
この時の男性の言う、まだ見ぬ『かわいい娘』とは

 

(見た目のかわいさ)+(自分の好み)=65点以上なら合格点

 

とします。
一方、紹介を迫られた女友達としては

 

(見た目のかわいさ)+(キャラ)=80点以上なら合格点

 

とします。

見た目の点数については、個人差はあるでしょうが、今回は無視して考えます。
男性サイドは見た目50であったとしても、ご自分の好み(たれ目が好きとか巨乳とか、背が高い、ぽっちゃりとか)でプラマイの補正をした上で採点します。
そして紹介者サイドは見た目30+キャラ60で充分に紹介に値する、と判断します。
ここにズレが生じて、先の一般論に行き着く訳です。

 

でもね。

 

紹介者の心理として、たとえ見た目80でもキャラ20の女は紹介できんのですよ。
だって苦情の上返品は目に見えてるから。
大事な友達にそんな不良物件をご提案できますか?

だからもしも、見た目80キャラ20、ましてや見た目30キャラ20がご紹介された場合は

 

アンタ、そうとう嫌われてるよ。

 

よっぽどしつこく紹介を迫ったか、日頃の素行が悪すぎるか。
そもそも、自分の大事な女友達にキャラ20の男は紹介できません。
ぶっちゃけ、男友達より女友達の方が大事ですから。


お金を介したマッチングシステムなら、人柄には多少目をつぶって平等に紹介してくれるでしょう。
でも、友人という最も正確で熱い紹介システム(しかもタダ)を最高のパフォーマンスで活用しようと考えるなら。
自分という人となり、人間関係を磨き続けなければ叶うわけがございません!

 

婚活に限ったことではありませんが、誰かを紹介してほしい時は、自分も紹介される立場であることをゆめゆめお忘れにならないようになされませ (^ー^)

『かわいい』を分析してみる~女性目線編

こんにちは!
年間300日スーツで過ごす女乙女イシイドです。
皆さま、お盆をいかがお過ごしですか?
バリキャリはバリキャリらしくお仕事でした。
ご先祖様、ごめんなさい。
イシイドが結婚できないのはお墓参りに行かないからでしょうか?

 

さて、イシイドの会社ではりん店という習慣があります。(りんの字が何なのかわかりません。たぶん、輪か臨)
社長を含め、本社のお偉方が土日のいっそがしーい時間に各店舗を視察で巡る、というもので。
それなりに緊張もしますけれど、従業員数も多い会社のわりに、経営側と直接お話をする機会も持てるのは良い方の習慣だとは思います。

 

先日、監査チームのおじさま方がやって来ました。
少し前までは弊社の重役で、定年退職後も我々後進のためにご尽力いただいております。ありがたや。
イシイドは社歴もまあまあになっているため、それなりに可愛がっていただいていたりします。ありがたや、なむなむ
ご来店いただいて、直属の上司と談笑されるところへ通りかかったイシイドは、ひと言ふた言ご挨拶をしたところ、

 

監査「イシイドさんはかわいいねぇ」

 

とニコニコされる。

 

上司「よう、いいますわ。セクハラって言われますよ」
監査「かわいいもんはかわいいだろう。かわいいって言われて悪い気はせんだろう、なぁ?」
イ「はい、うれしいです 〃∇〃」

 

なんてやり取りをしました。
なるほど。
この監査、現役時代の厳しさで、今でも震え上がる人もいるらしい。
でもそこに行き着く前は、私など足元にも及ばないバリバリの営業マン時代もあったわけです。
仕事の出来る営業マンは遊びもしっかりします。
今の子達にはちょっとかわいそうですが、バブルを知ってる先輩方の世代は本当に遊びまくってたそうです。
だから、当然、女の子を口説くための「かわいい」だって知ってるはずなんですよね。
ここで「イシイドちゃんはかわいいねぇ、ゲヘヘ」みたいな感じだったらアウトのセクハラですが、まるで孫娘をみるような感覚で「かわいい」と言うわけです。
もちろん、嫌な思いはいたしません。
人身掌握術といいますか、もう生粋の人たらしなのです。
この辺のバランス感覚がもう人たらし。
たらし込めると分かって使ってるんですよね。

 

さぁ、長い前置きですみません。
私たちの周り溢れている『かわいい』
お嬢さま方なら、婚活、恋愛市場ではご自分に向けられて発せられることも少なくありません。
ただ、その『かわいい』も裏に潜む意味も多岐にわたりまして、うっかりその気になって恥ずかしい思いをしたりすることもしばしば、ありますよね。ね?
そんなわけで『かわいい』を分析してみようと思います。
今回は女性目線で見た『かわいい』から。

 

女友達に「かわいい娘、紹介するよ」と言われたのに、そうでもなかったと憤慨する、なんて話はよく聞きますね。
女性が言う「かわいい娘」と殿方さまが言う「かわいい娘」は違うといいます。

 

そりゃ違うさ。

 

殿方さまのいう「かわいい娘」とは『性的な目で見てイケてる娘(自分の好みに限定)』であるのに対し、女子のいう「かわいい娘」とは『あたしの目で見てイケてる娘』であるのです。
女子が女子を『性的な目で見る』ことはないし、オマエの好みなぞ知るよしもないので検討違いな「かわいい娘」を紹介してしまうのです。
女友達に「かわいい娘」を紹介してほしいなら、具体的な好みをお伝えするべきですね。

 

そして女子の日常には『かわいい』が溢れております。
くまモン石原さとみさんもラデュレのマカロン渡辺直美さんもジル・スチュワートのコスメもみんなかわいい。
赤ちゃんもウェデイングドレスもふてニャンもちっさいおじさんですらかわいい。


女子にとって、『かわいい』は自分の感情が(好ましい方に)揺すぶられるものを指すんです。
これは外国人がハマる『kawaii文化』にも通じるんじゃないでしょうか。
魂が揺すぶられることを日本では『kawaii』と呼ぶ。
対象になるものそのものが可愛らしいかは別として「なんかイイ!」「なんか好き!」って思えるものを「かわいい」と呼ぶ。
もはや『かわいい』は感嘆詞なのですね。

 

そして古く平安時代
清少納言は言いました。
『美しきもの 瓜にかぎたるちごの顔』
かわいい!と思うものをとにかく羅列いたしました『枕草子 百五十一段』
何となく、教科書かテストの問題で読んだことあるって方も多いのではないでしょうか?
『ちひさきものは みなうつくし』というようにちっさいものはみんなかわいい!という感覚は昔々から変わらないのです。


お嬢さま方から「かわいい」と言われて憤慨なさる殿方さま。
特に童顔だったり小柄だったりする殿方さまには経験がおありのことだと思うのですが、お伝えしたいことがあります。
『かわいい』という言葉には『下に見る』という気持ちは含まれていません。
確かに下に見てる小娘も使いますが、人並みに品格を備えたお嬢さまであれば、それは愛情です。
女性というものは小さく弱いものに対して、守りたいと思う生きものなのです。
それを母性本能と呼ぶわけですが、なにも見た目のか弱さだけに反応するわけではありません。
弱った心や繊細な感性に対しても反応いたします。
そして、それに対して『愛しい』と思うわけです。
自分の内側からじわっと滲み出るような『愛しさ』
あなた様に向けられた『かわいい』は『愛しい』なのです。
なので、そこは小さくガッツポーズでいいんじゃないでしょうか。
こっそりね。

 

殿方さまにとって、お嬢様方が言う「かわいい」は多岐に渡りすぎて理解不能かもしれませんが、とっても単純なのです。

 

・なんかいい!
・じわっと愛しい

 

この二つしかありませんから。
でも、この『なんか』がお嬢様によってそれぞれ違います。
殿方さまにおかれましては、あなたのお嬢様が何に反応するのか、この『なんか』を探ることが攻略の鍵になるのだと思いますよ (^ー^)

自分のカラダの愛し方。

こんにちは、年間300日スーツで過ごす女乙女イシイドです (^ー^)
風邪完治まであと一歩。
うーん、今日はカレーかな。
(カレーは万能薬だと思ってます)

 

さて、煽ったタイトルですが残念ながらエロい展開にはなりませんので、良い子のみんなも安心してね(^∧^)

 

このところダイエットネタが続いていますが、続けますか?
はい、続けましょう!
イシイドが目指してるのは正確にはダイエットじゃないんですよね。
ダイエットというと食事制限とか減量を意味することなので、筋肉をつけてスタイルを良くしたいという意味ではシェイプアップと言うのかも。


シェイプアップ…
途端に昭和感がでますね (^_^;)
カップルをアベック、タートルをとっくり。ベストをチョッキ…
ダイエット、でいいかな。いいよね。

 

バリキャリの食生活は不規則です。
一日1食ってのもザラですから、食事の量を減らすことは難しいですね。
お酒も大好きだし、コンビニ利用も多い。
ですから、その分中味にはこだわりたいものです。
大人になって、急に野菜が好きになりました。
晩酌に野菜スティックはマストだし、無償に食べたくなって夕飯のおかずにサラダを買って帰ったり。

会社の飲み会ではサラダ処理班です。
野菜だけはいくら食べても太らないという信念の元にガッツリ戴きます。
ドレッシングもノンオイルは使いません。
ドレッシングのカロリーなんてたかが知れてるし、油がないとビタミンは吸収されないのです。
たんぱく質も植物性のものより動物性のものの方が筋肉になりやすいとか。
肉も魚も食べなきゃだめってことですね。

 

さて、前回体脂肪率37%(正確には37.4%)を告白したイシイドでしたが、自宅のタニタさんでは、30%は超えるもののそこまでではありませんでした。

ちょっと安心したけど甘えちゃいけませんね。
体脂肪率は体内の水分量によって数値が変化しますので、グラフにすると針山のように上下します。

上下しながらすこーしずつ下がってるような、いないような。

 

ただ、筋トレをした次の日にはちゃんと筋肉量の数値が増えて体脂肪率が下がるんですよね。(また戻るけど)
ちゃんとやった分だけ、カラダはそれに応えてくれます。
カラダのラインも少しずつですけど、変化します。

全体を見ればちっとも変わっていないけど、たまに「あれ、ここ細くなった?」みたいなとこが見つかります。

そんな時は、下腹のお肉を掴みながら「この肉め!」と罵るよりも、少しだけ平らになったお腹を「可愛いヤツだ」とよしよしする方がカラダにも心にもずっといいと思います。

 

というわけで今日はおしりをよしよししながら眠ろうと思います。
小さくなーれ(〃ω〃)

バリキャリ、タニタの体組成計を買う。

こんばんは。
年間300日スーツで過ごす女バリキャリイシイドです!
風邪はひどくなるばかり…
嵐と共に過ぎ去ってくれるとよいのだけれど。

 

さて、ダイエットのお話をしようと思うと、イシイドの恥部を晒さねばならず、それゆえずっとためらっていたのですけどね。
晒して解決へのモチベーションにした方が建設的かもと思い直し、勇気を持ってここに記す。

 

先日、健康診断でとある女性専用クリニックに行きました。
当然、身長体重を計測されるわけですが、そこに鎮座しておられたのはタニタの体組成計。
全自動で動く身長を測る棒(?)も付いて、身長から体重からその他諸々も一発チェック!のプロ仕様です。
おお!タニタさんかっこいー。

 

何を隠そう、イシイドはタニタさんとシャープくんが大好きだ。
Twitterも彼らの絡みが見たいだけで始めたのです。
スマホタブレットもシャープ製だし、プラズマクラッスターはシャープだけ♪のドライヤーも持っています。
タニタ食堂のおやつシリーズも大好きです。
最近見ないけど、タニタ食堂のあられは最高です。あれの甘塩が好きでね(//∇//)
今見つけたら箱で買う。少なくとも3袋はお買い上げです。
だから、体重計を買うことがあればタニタと決めておりました。

 

そのタニタさんの中でも、かなり位の高いであろう体組成計の、神々しいメタリックの台座にそっと足を下ろし、測定棒が私の頭上に恭しく当てられる。
ああ、まるで洗礼の儀式。

 

ジジ、ジジジジ…ジジ!

 

そして、お告げのお言葉がプリントアウトされる。

 

 

『あなたは隠れ肥満です』

 

 

 

うおおおぉぉぉぉぉぉぉっ

 

ねぇー、知ってるー?
イシイドの体脂肪率

 

37パー

 

orz

 

りっちゃんに「私は標準体重ですっ」なんつって切れてる場合ではなかった。
しかも内臓脂肪はあまりないので、逆に言えばほぼ皮下脂肪。
いやいや、イシイドはこれでもイシイド家随一の巨乳だ。
皮下脂肪は全部バストなんだもーん。
と言ってみたところで、所詮、一族比であって世間的には貧乳カテゴリーだろう。
ごめん、イシイド家の女たち。

 

受け止めよう、現実を。

 

脂肪を減らしたい。

ただそれだけ。


そして、ついに機は熟した。

 

タニタの体組成計買いました。