バリキャリ乙女のイド端会議室

主に婚活、時々しごと。華麗なるバリキャリの脳内会議の一部始終。

ブロ活強化宣言

こんばんは、年間300日スーツで過ごす女バリキャリイシイドでございますm(_ _)m
本日は婚活話はお休みしてブログについて。

 

みてみて、気がついた?
アイコン入れてみました( 〃▽〃)
ちょっと急ごしらえなので、要らんものが見切れてるけど。

 

それからそれから、Twitter導入いたしました!
フォロワーさんが増えたらブログ以外でも呟いていこうかしら♪
フォローよろしくお願いしますね( ̄∇ ̄*)ゞ

 

さて、なんでこんなことになったかというと、私が勝手に敬愛するポジ熊さまの記事を読んだから。

記事主のポジ熊さまは、私がブログを始めようか迷っていた時に、たまたま検索でヒットして見つけたのですが、並々ならぬブログ愛に背中を押されてブログを始めることに決めました。
そして『はてなは怖いところらしい』という噂を目にしても、ポジ熊さまのような方がいらっしゃるところなら大丈夫!とはてなデビューしたわけです。
職場でもそうですが、その『場』を良くしようと声をあげる人がいる『場』は間違いなく良くなるものと信じています。

 さて、

 

ブログ公開前に自分で評価して書けなくなってるYOUに物申す - ポジ熊の人生記

 

イシイド、正にこの状態でして…
ブログを始めて3ヶ月くらいになります。
元々更新ペースはゆっくりめで3、4日に1記事、一週間で2記事くらい。
しかも過去の焼き直しがほとんどだったので、ストックが尽きてからは益々ゆっくりになってますよね。
更新ペースが遅いからか、記事が面白くないのか分かりませぬが、ちょこちょこ顔を出してくださってた方の足も途絶えてしまって

 

ちょー焦るーっ

 

とにかく書いても書いても「あれ、何が言いたかったんだっけ?」な状態で。
前回の記事はたぶん二週間くらいかかってます。推敲前と比べると全然別ものの記事なんですけどね(^_^;)
ポジ熊さまは「とにかく書け!」とおっしゃるけれど、やっぱり自分の中で最低ラインを下回る記事は残したくないなと思います。
出たものがどう評価されるかはまた別の問題です。

ただ、今回は本当に苦労した。

 

そして、欲が出た。

 

元々、自分の備忘録というか考えをまとめるためのブログで、たまたま見に来た人が面白がってくれたらいいな、くらいに思っていましたけれども。

 

こんだけ苦労して書いた記事なら読んでくれよぅ(´;ω;`)

 

というわけで、ブロ活強化宣言。
筆が進まぬこの時期ならば、お客さまを増やす活動に力を入れてみようではないか!

アイコンもTwitterもそのヤル気の現れです。

せっかく訪れてくださったあなた様に、楽しんでいただけるようにお勉強してまいります(^_^ゞ

 

どうぞフォローよろしくお願いします(´。・д人)゙

酒は飲んでも飲まれるな~初回のデートでお酒を飲むということ

こんばんは、年間300日スーツで過ごす女バリキャリイシイドです。

なんか、久しぶりに名乗ったなぁ( ̄▽ ̄;)

今回は、婚活で初めて会う人とお酒を飲むということの是非についてです。

このテーマ、お嬢様方によくよくお読みいただきたいと思います。

 

婚活のオーソドックスな流れは、①お相手の存在を知る→②お相手の情報を吟味する→③お相手とコンタクトをとる→④お相手と会う→⑤継続して会うか判断する、です。

そして、皆さま、①~③の所で苦労してウロウロしてるわけですよね?

で、ようやく④のステップまで進んだにも関わらず、酒かっ食らっちゃうんですかーッちゅー話で((( ̄へ ̄井)

④の会う段階でしなければいけないことは、お相手の空気感を知ること、お相手の情報に嘘がないかを確認することですよね。

空気感は会えば分かります。

でもうっかり見落としがちなのがお相手の嘘を見抜くことなんです。

 

職業やら年収やらってのは論外ですが、ありがちなのがタバコですね。

ネット婚活だと喫煙者は相当苦戦するらしいですね(^_^;)

喫煙は検索で弾かれてしまいますから、プロフィール上は非喫煙にした方がいい、なんてお勧めしているサイトもあるくらいです。

 

とんでもない!

 

たかがタバコですよ。

でもその『たかが』で嘘をついたら、このプロフィールには一体いくつの嘘が潜んでいるのだろうと不安になったりしませんか?

小さくても嘘はダメです。

もちろん、意図的な嘘じゃなくても、こちらの誤解ってこともありますから、ここはしっかり確認したいところです。

 あなた様はそんな、重大ミッションを酒酔い状態でこなせますか?

 

とはゆえ、約束してしまった以上、行かねばなりません。

ポイントはいかに酔わずにいられるかです。

イシイドは飲んでも顔色が変わりません。
そして酔っていても理路整然と話し、兵隊さんのようにしゃきしゃき歩きます。
殿方さまにおかれましてはトリツクシマガナイということらしいです。
故にもっくん(一般的にはヤリモクと呼ばれますが、イシイドはこの呼び方がキライなので、愛を込めてもっくんと呼んでいる)対策としては完璧なのだけど、恋する乙女としては大敗北ですorz

それでも丸腰で臨めばやらかします。
なので当然、対策はしています。
「じゃ、飲みに行こっかー」の前後で「飲めるの?」という質問。
ここで「飲みますよ~♪」もしくは「普通です」とお答えする酒豪自慢のお嬢様方はよくよく対策していってくださいね。

 

失敗できない飲みの席での対策は①仕込み②備えです。
仕込みはみなさんもやってますよね。

ウコンやらヘパ●ーゼやらの二日酔予防。
もちろん二日酔の予防にもなりますが、アルコールを分解してくれる肝臓の働きを高めて酔いの回るのを緩やかにしてくれます。
おっさんくさいと思っても取り入れるべきです。
どちらも効果は似たようなものなので、色々試してみてご自分の体質に合ったものを選ばれるといいと思います。ちなみにイシイドはウコン派です。
ウコンは漢方、ヘパはお薬なのでヘパを一日に何本も飲んではいけません。
予防で飲むときは、大体お酒を飲む一時間前くらいには飲んで、効果は3~4時間くらいです。
二日酔いには飲んだ後でも効くので、長時間に及ぶ会社の飲み会ではウコンで始りウコンで終わるウコンサンドイッチで日々乗り切ります。

 

ウコンでドーピングした後は牛乳や飲むヨーグルトでフタをします。
胃に膜を作ってくれる、はどうやら間違いらしいですが、たんぱく質はアルコールの吸収を抑制するのは本当らしい。
つまみもたんぱく質を意識して摂ります。
なんにしても、空きっ腹はやめましょう。

 

そして、その②の備えですが、イシイド推奨は水と一万円札です。
水はもちろんミネラルウォーター。
小さなボトルもありますから必ずバックの中に入れて。
途中でお茶やお水を飲めればいいのですが、時には飲ませてもらえないこともあります。
どちらかがトイレに立ったタイミングなどで、酔いすぎないように補給しましょう。


そして一万円札。

これは本当に緊急事態。イシイドはまだ使ったことがありません。
封筒などに入れずそのまますぐ出せるように準備します。ポケットがあればポケットに。
イシイドは重石にゼムクリップをつけます。
何に使うかというと、本当に本当に犯罪案件に巻き込まれそうになったら、投げつけてダッシュです!(小銭もあればなお良し)
これって海外でも使えるんですが、悪いヤツってお金で気を反らせれるんですよね。
もったいないと思うかもしれませんが、それで被害に遭わないなら安いものです。

 

上記の仕込みと備えをしっかりしたら後はおもいっきり楽しんでくださいね。

なんだかんだ言っても、楽しめなければその後はないわけですから。

必要以上に警戒することが良いことではないですが、お酒の席では備えも警戒心もつるりとなくなってしまうことがあります。
もちろん始めから騙すつもりで不誠実なら、非難されるのはお相手です。
そして、その恋が望んでいたものと違う結末になってしまう確率もすこぶる高い。
それでもそれが自分の選択だと胸を張れる覚悟がないならば、やはり初めて会う人とお酒は飲まない方がいい。

 

 「初めて会うのにお酒はちょっと…」という、あなた様のしごく真っ当でささやかなお願いに難色を示す殿方さまは、本当にあなた様の生涯の伴侶として相応しいのでしょうか?

一方、そんな当たり前のお願いを言うのを躊躇ったり言えなかったりする関係って、端からおかしいと思います。

何もあなたとは一切飲みませんと言ってる訳ではないのです。2回目3回目なら全然行くって言ってるのに。

せっかく出会って会うお約束ができたなら、フラットな状態で向き合うのが本当の誠意なのではないでしょうか?

初めて会うのにお酒にこだわる人は、もしかしたらその誠意に欠ける方のかもしれませんね(^ー^)

あなたとお相手さまが、心からお酒を楽しめる日が来ることをお祈りしておりますよ!

 

衝撃の事実

今、このブログのタイトルが『バリキャリ乙女のイド端会議』であることを初めて知った。

今まで『バリキャリ乙女のイド端会議』だと思ってた。

ちょっと衝撃。

デートのお店図鑑(飲酒編)

ここまで全く『図』が登場していませんデートのお店『図鑑』シリーズ。
今回も『図』は出てきません 笑

さて、飲酒編。
お酒、楽しいですよね♪
イシイドはお酒も酒場も大好きです。
居酒屋、バル、バー、家飲み…色々ありますね。

 

正直なところ、初回のデートではお酒はおすすめしません。
なぜなら失言リスクが高まるからです。
俺は酒に強い、飲み慣れているからと自信があっても、うっかり出てしまった一言が命取りにもなりかねません。
そしてこの失言、お店の雰囲気によって引き起こされることもあるのです…。

 

お相手さまのご希望でわりとリーズナブルな居酒屋さんでのことでした。
飲んでいたのはビールを2杯ほど。
イシイドはそれくらいでは酔っぱらいませんので平常運転でお相手さまのお話を聞いていました。
逆にお相手さまはあまりお強くはないようで、結構ろれつもあやしくなり始めていました。
この居酒屋、お相手さまが学生時代によく来ていたということで、学生の頃のお話になりました。
学生の頃はちょっとヤンチャだったらしく(この時点でイシイドとしてはちょっと…になってました)

数々の武勇伝をご披露、そしてイヤ、それ犯罪だし!の展開にドン引きしてしまったんですよね。(具体的に書くことが憚られるので、分かりにくいですよね(^_^;)スミマセン)
ご当人としては学生の時代の若気の至りだったのかもしれませんし、人によってはウケるー!で済んだことかもしれません。
でも、これは婚活。
翌日シラフに戻ってじっくり考えてみましたがやっぱり受け入れることができませんでした、なんてことがありました。


これ、お酒のせいでなく話題のせいじゃない?という方もいらっしゃるでしょうが、もしかしたらお洒落なバルだったりしたらこんな話題にならなかったんじゃないかなって思ってます。
きっとね、学生時代の思い出の店で学生の気分になってしまったんでしょうね。

 

それから個室は評判悪しです。
個室って、例えば長くお付き合いした殿方さまが予約してくれたりしたら「もしかして、箱パカですか?」なんて期待も高まったりするものなんですが、そんなに親しくない段階で個室は結構重いと思います。
レストラン編でも言いましたけど、二人だけの空気を楽しむにはまだ、私とあなたの間には距離があると思いませんか?
親しくなりたいお気持ちからかもしれませんが、ちょっと距離感を見誤ってないか客観的に考えてみてくださいね。

 

 そういう意味ではバーも少し重めかもしれません。
カウンターであってもプライベート感が高いので。

それでも行きたいなら、バーテンダーさんは味方だと思って巻き込むと楽しく過ごせるんじゃないでしょうか。

 

それからお嬢様方に。
ちょっと好意高めの殿方さまでも個室に通された時点で警戒してください。
その上、横並びのソファー席だったりしたら超キケンです!警戒心MAX!!
イシイドはガシッとされたことあります。
どうガシッとかだったかはご想像にお任せしますが(^_^;)
シラフだったんですよ、その時。
嫌われたくない気持ちもあると思いますが、むしろその時点で恋に落ちてしまっていたとしても、一度や二度しか会っていない異性の体に触れるなんて異常な事ですよΣ(゜Д゜)
冷静になりましょうね。

 

 お酒を飲む時の失敗しないお店選びは、オシャレでオープンなところというのがポイントだと思います。
そして、もっと大事なことはどのお酒をどう飲むかだと思うんです。
お酒なんて飲めれば何でもいいという方もいらっしゃるでしょうが、そこを少しだけ掘り下げてみませんか?
何もワインや日本酒について蘊蓄を言えというのではありませんよ。
蘊蓄を語りだしたら「わー素敵」なんてことにはならず、むしろ嫌われますから。


例えば、殿方さまだとビールしか飲まないよという方も多いですよね。
でも、ア●ヒとキ●ンだったらア●ヒの方が好きとか、多少の好みがありますよね?
そういうのを少し掘り下げてみるのです。
ビールが好きならいろんなビールを飲んでみる。
その中でお気に入り見つけるのです。
もちろん、一周回ってア●ヒだって構いません。
「普段はビールしか飲まないんですけど、ギネス(黒ビール)は気に入ってて置いてあったら頼んじゃうんですよ」

そういうこだわりって心に残りやすいし、女性的にはグッときやすいように思います。


お嬢様方もビール嫌いなんで!と突っぱねてしまったりしないで、シャンディ・ガフ(ビールとジンジャー・エールのカクテル)とかビールに寄ったものを選んでみたりしてお相手様に合わせてみてはいかがでしょう?


これはダメ、これしかダメというこだわりは敬遠されますけれどこれが好き、これなら受け入れられるという柔軟さは人としての魅力を広げてくれるのではないでしょうか。

そして、食べたり飲んだりする事への前向きな興味は一緒に過ごす人との時間を豊かに、幸せにしてくれるものだと思います(^ー^)

デートのお店図鑑(レストラン編)

こんばんは、連休リフレッシュいたしました、乙女イシイドですΨ( ̄∇ ̄)Ψ

さて、デートのお店図鑑レストラン編でーす。

初対面はやっぱりカフェがおススメなのですが、顔合わせ済みやネット婚活などである程度は交流がある場合はお食事してみるのもいいと思います。

 

イシイドはレストラン大好き。
超高級店じゃなくても、次々にサーブされるご飯を一緒にいただくのってテーマパークみたい♪殿方さまに限らず仲良くなれるチャンスだと思うのです。

さて、どんなレストランを選びましょう…?
事前にお相手さまとあなた様のニガテなものを確認しておけばどんなものでも大丈夫(^ー^)
フレンチはちょっと畏まってしまうので、失敗が少ないのはやっぱりイタリアンでしょうか。
スパイシーで美味しいアジアン料理など変わったレストランはちょっと難度が高いかもしれませんが、たとえ外しても笑いに変えられるならチャレンジしてみてもいいかもしれません。


そんな中で、地味にご注意が必要なのは中華です。(ある意味イタリアンもか。)
中華、美味しいですよね。
イシイドも大好きです。
でもね、ちょっと老舗、というか年期の入ったお店は結構ドキドキします。
いや、ビクビクか。

 

テーブルとか、じっとりしてません?

 

どうしても油が多いからでしょうか。
テーブルクロスとか、据え置きされてる調味料とか。
大人数でワイワイだったり、お話が弾んでそんなもの目に入らないってくらいなら気にならないのでしょうが、気になっちゃったらアウトです。
もう、そっちにしか意識がいかなくなっちゃう( ̄▽ ̄;)

 

そうそう、レストランでもチェーン店は要注意です。
以前、メールで仲良くしていただいてた殿方さまと飲みに行きましょうとなった時。
たまたま話題にのぼった、名古屋発祥台湾ラーメン『味●』に行こうということになりました。(祝!東京進出、祝!カップ麺販売)
『味●』は前に、出張帰りに女同士で一度行ったことがあったので、悪い印象はなくOKしました。名駅新幹線降り口近くの赤レンガ風壁紙の、明るいお店でした。
ところが、その方とご一緒したのは20年以上前からあるお店(1960年創業だってさ!)
ご予約してくださっていたにもかかわらず、通されたのはフードコートのような配置のテーブル席のど真ん中。
真横を店員さんがガンガン通ります。
そして、テーブルも壁も白。
清潔ではあったと思うのだけど逆に蛍光灯を煌々と反射して落ち着かない印象に。

 

話が頭に入ってこん…( ´_ゝ`)

 

なんてことがございまして。
しかも、なぜか台湾ラーメンは食べずに帰ってきたというなんだそりゃ展開でした。
というわけで、以前行ったことのあるお店でも支店が違うと印象が違うということもあるので、チェーン店はお気をつけくだされ!

 

あと!
殿方さまに確認しておきたいのは、「女子は高い店に行きたがる」と思ってませんか?

 

残念でした、思ってません。

 

アラサー以上の婚活女子は高級店の楽しみか方を知ってます。
昔の男に…ということではなく、友達同士で自分にご褒美♪で、家族とでも行ったことがある方が多いと思います。
大なり小なりですけどね。
そして、やっぱり大なり小なりなんですけど、そういうお店やお料理の知識とかマナーとか、あと相場とか、知ってます。
だから予定外に連れていかれても頭が真っ白になってアブラ汗を流すなんてことにはほとんどならないと思います。

でも、安い店に連れてったら怒るじゃないかというご意見もその通り!
でもね、高級なお店というのは、ごく親しい人と普段とは違うゆったりとした時間を楽しむためのものです。
だから、ぶっちゃけ、まだそう親しくもない人と楽しめるワケがないんですよね。
なので、ご自身がそういうところに興味がないのであれば誘う必要がないし、逆に行ったことがなくて興味があるのであれば「ぜひ一緒に行って教えてほしい」と仰るといいと思います。失敗したって「あなたと一緒に楽しみたいんです」って伝わればいいんです。

安心してください。
毎度毎度、高い店に行きたがる東カレ(色々ご批判あるみたいですけどあの連載大好きなんです(^_^;))に出てくるようなマテリアルガールなんて、そんなにいませんよ。
むしろ毎度毎度なんて、相手のおサイフが気の毒で心配になるものです。


大好きな彼氏と記念日に素敵なお店でってのはもちろん大好物ですよ。憧れです。
ですからあなたが『大好きな彼氏』になったアカツキには、ちゃんと連れてってくださいね(///∇///)

 

さて、デートのお店図鑑カフェ編、レストラン編と考察してみて。
初デートはお二人のトークが主役であって、他に突っ込みどころを与えないお店というのが良いお店なのではないでしょうか。
もちろん「このカップがステキ」とか「このサラダ美味しい!」とか、お二人に話題を提供してくれれば最高ですが、お相手に言えない突っ込みどころが満載過ぎるところは避けたいところ。
日頃から、お相手さまの笑顔のためにアンテナを張っておきたいものですね(^ー^)

デートのお店図鑑(カフェ編)

明日は人間ドック!流石に今日は禁酒ですの乙女イシイドです(゜-゜)

先日の記事で初デートの場所、時間について考察いたしました。
今回はお店のジャンルについて考察してみたいと思います!

 

カフェ、レストラン、居酒屋…
婚活の初デートはカフェが望ましいといわれますが、イシイドもやっぱりそう思います。
初デートといっても、婚活の場合はおそらく初対面となることがほとんどでしょう。
どれだけメールやLINEで仲良くなって(いるような気になって)いても、一度も会ったことのないもの同士が会うわけですから無理は禁物です。

カフェの利点としては、ガチで食事をするよりかは安価であること、短時間であること、寛ぎの場であることから雰囲気に後押ししてもらえる、という点でしょうか。

 

カフェ、といっても色々ございます。
やはり、女性としてはお洒落カフェを選んでいただきたい(殿方さまがお店選びをされる前提でお話しております)ですよね。
例えご自身のキャラがそぐわぬお店でも、お嬢様がたは見ております。

 

あなた様のセンスを。

 

いつもとは言いません。

 

でもしかし、初回ぐらい気張れよ。

 

と思われるお嬢様がほとんどです。
大なり小なり。
ここは食べログなりぐるなびなりを駆使してがんばってくださいね。


チェーン店は論外です。
結構がっかりします。
大なり小なり。
なぜなら、お付き合いすることになったときに思い出がほしいから。
「パパと初めてデートしたのはステキなお店だったのよ」と未来の子供達、孫達に語れる思い出がほしいのです。
どうぞ、よしなに。

 

先生、ス●バやタ●ーズはお洒落カフェに含まれますか?
お答します。含まれません。
確かにお洒落です。
純喫茶よりはマシではございますが、なぜ駄目か。
前精算のため、流れで割り勘になりがちだからです。
あなたはス●バのカウンターで、数分前に初めて会ったお嬢様のドリンクを「一緒に」とさりげなく店員さんに申告することはできますか?
一瞬でももじっとしようものなら、お嬢様は自分の分の支払いをとっとと済ませてしまうことでしょう。

そして男女の永遠のテーマ『おごり問題』発生です。
連ドラであれば番組修了3分前に発生する「待て、次週!」的な引きとして使われるところでありますが、
初回デートでは単発ドラマのまさかの大どんでん返しからの後味の悪いエンディングロール的展開に匹敵いたします。
お嬢様サイドで勝手に盛り下がったモチベーションをあなたの話術で回復させるのはほぼ不可能。
お嬢様自身にスタートラインまで持ち上げていただくポテンシャルがあるかにかかっています。
このリスク、背負いますか?
それでもあくまで自分は割り勘派♪という殿方さまは、敢えてこの問題を先に取り上げることで、うやむやにしてしまうという戦術にすることもできるかもしれません。

 

また、少しかしこまった面談(目上の方の紹介とかお見合いとか)であれば、有名ホテルのラウンジ、カフェは鉄板です。
少しかしこまったスーツやワンピース姿が浮きません。
そして、割りとお隣の席との間か近くても気にならないようになっています。
周りのお客さんは井戸端会議に夢中の奥様方か、打ち合わせ中のビジネスマン、外国人旅行客がほとんどなので少しかしこまった会話を聞かれて恥ずかしいと思うことは少ないと思います。
駅近なことが多いのでここも便利ポイントです。
何よりお相手さまに本気度を見せつけるにはベストな選択ですね。

 

ここまで考察して、ではお洒落カフェに弱点はないのかという疑問もあります。
お洒落カフェの弱点…それは

 

客層に注意しろ!

 

です。
夕刻、ディナータイムであれば周りのカッポレの甘い雰囲気が後押ししてくれるかもしれませんが、ランチ・ティータイムにはご注意あそばせ!
お洒落カフェ…ママ友のママ友によるママ友のためのママ友会withキッズ、絶賛開催中!かもしれません。
そんな中、スーツ&ワンピースといういかにもな出で立ちでinto、「あれってお見合いっかな?」「っぽくない?」という奥様大好物のネタ提供。andキッズ大暴走 for that reason会話が聞こえない展開に、なるかもよ。
クチコミのあるお店なら、投稿者もチェックするべし。

 

あなた様の恋を後押しするステキなカフェが見つかりますように(^ー^)
以上、デートのお店図鑑(カフェ編)でした。
レストラン編へと続く。

心の棘

考え出したら止まりません、屁理屈系OL乙女イシイドです(ノ`△´)ノ

 

前回、誰もが「人間関係のつまずき」という『心の棘』を持っている、というお話をしましたが。
イシイドは基本、博愛主義です。
いや、八方美人かな。
どちらにせよ、人間関係で苦労しなそうと言われますが、小さい頃から苦労しまくってきました。
上手くいかなかったので八方美人になったのかも(^_^;)
でも、誰にでも良い顔をするというのは、疲れるし本当の意味で信頼されないものです。
色々悩んで、これからも悩んでいくのだろうなと思っています。

 

婚活を始めて、本当に沢山の人たちと関わって、ようやく最近気付いたことが、ひとつ。
結局のところ、大抵のつまずきは人間関係に上下を作ってしまうことにあると思うのです。
カーストとかマウンティングという言葉が注目されてましたね( ̄▽ ̄;)
人間ですもの。
どうしても好きとか嫌いとかありますよね。
でもでも、上とか下とかってのは、本当はないはずなんです。
ところが、元々存在しない上下に囚われるから上手くいかなくなるのでしょうね。

 

人間関係で上下があって上手くいくパターンなんて、双方がその上下の存在を認めていて受け入れている(受け入れられなくなるから熟年離婚だよね)か、双方が自分の方が下だと思い込んでいる間(やがてマンネリで別れるか、新たな上下関係が生まれるか)くらい?

 

あの人から連絡が来ない。いつも私から誘ってる。既読スルー?
(それはあの人の方が格上だからじゃない。
あの人はそういう人なの。)

 

このメール、返事するの面倒だな。あと回しでいっか。どうせ、あの人だし。
(勘違いしないで、あなたはあの人よりも偉くなんかない。)

 

誰かを上に見たり下に見たり。
最悪なのは関係がひっくり返ってしまったとき。
下だと思ってた人が突然上に見えるような態度をとられたら大パニックです。
その上、そんな人がいっぱ出てきたら?
もう自分の立ち位置グラグラです。

 

だから。


上とか下とかってやめちゃいましょう。
みんな平等。
もちろん私も平等。
とっても楽になりますよ。

 

そうそう、勝ちとか負けもナシですよ!
いっぱい好きな方が負けなんじゃない。
いっぱい好きな方が『幸せ』なんじゃないですか?

 

人と人との間には、距離はあっても上下はないのです。

今は遠いあなたでも、同じ大地にいたならば、いつか歩いてたどり着くかな?